不動産の運営には3つのタイプがあります

一言に不動産といっても実に様々なタイプがあります。
ですから皆さんが望む物件や趣向との違いは必ずあり、それらにマッチングをしていくことも重要な要素といえるでしょう。
そこで今回はこうしたお店のタイプの違いを述べていこうと思います。
基本的にタイプは3つあり、一つは古くからある町の不動産です。
よく○○店などといった、地名やその人の名字をお店にして一人で運営もしくは数人で経営している会社です。
基本的に扱っている物件は少ないというのが一般論です。
しかし、来客店の絶対数も少ないので掘り出し物を当てる可能性が大きく上がります。
しかし地元に密着力が高いので、逆を言えば家賃交渉は期待できません。
下手に交渉をするとそこで打ち切りになってしまう恐れがあるので注意しましょう。
次に、数多くの支店があるお店です。
ここの強みは紹介できる物件の数がかなり多いですが、上場しているところなら少々強気の営業スタイルをしている所もありますが、トラブルに強い傾向にあります。
弱点としては、物件の数が多いならそれだけ知らない情報も多く、また社員の出入りが大きいという弱点も存在します。
そして、フランチャイズで看板を借りているところが3つ目です。
こういうタイプは大家さんと直接やり取りをしている物件は少なく、情報伝達が遅いという側面があります。
しかし、そのグループ会社の指導をしっかりと受けているところは、自分で勉強をして努力をしているお店があるのも事実です。
いくつか物件に関する質問をして、しっかりと答えてくれるかどうかを見ることで優秀なお店かを見極めることができます。
このように、不動産には様々な特徴があります。
地域に強いなら小さな町の不動産のお店を狙うといいでしょうし、数知りたい方は残りの二つのタイプを選ぶのが望ましいです。
その時に様々な質問をして見極めると特徴のデメリットを消し去ることができますので、しっかりと見極めていきましょう。
営業マンの質を見極めるポイントとしては、大家さんの人間性やその地域の特徴を聞いてみるといいでしょう。
単に「いい人です」というのではなく、「○○な性格で○○なめんがあります」と具体的に説明できる方がいいと言われています。
それに周辺環境も単に「静かです」ではなく、「夜はこうなって、昼間は○○な傾向があります」といった具体的な説明をしているなら、言葉から熱意が伝わってきます。
コミュニケーション能力が高い人はそれだけ人あたりも良い場合が多いので、どんな対応をしているのかはある程度確かめられます。