賃貸不動産で家賃交渉を成功させるコツ

住宅向けの不動産を賃貸する際は、部屋を下見して希望に添う物件かを確認します。
周辺環境や立地、家賃や初期費用などあらゆる面から納得がいけば契約ということになりますが、家賃については提示された金額で動かせないと考えている方が多くなっています。
商品でいうところの定価であり、希望小売価格であるわけで、実は値下げも可能です。
ですが、他の部屋の住人も同じ家賃で借りているのだから、自分だけ特別割引はできないと思っている方が少なくありません。
しかし、実際には同じ部屋の間取りであっても、位置によって家賃が異なっていたり、入居時期によっても家賃が異なっています。
いったん決めた家賃はそう簡単に値上げなどができなくなるため、長く入居している方の中には、最近入居した方より安い家賃で契約しているケースもあります。
また、値引き交渉が可能なため、同じ時期に入居者募集広告に同じ家賃が提示されていた部屋を借りても、その人によって実際の契約された家賃が異なっている場合もあるのです。
もっとも、そうした情報はなかなか入手は難しく、隣の人がいくらだから、私もそうしてといった分けにはいきません。
目の前にある借りたい部屋の家賃について、自分がいかに値下げ交渉をしていくかがポイントになります。
この点、設備に不満があるとか、部屋が狭い、設備が古い、築年数が古いなどと難点ばかりを並べて家賃を下げようとする方もいます。
確かに交渉材料の1つにはなりますが、大家さん側が空室リスクを恐れて直ぐにでも入居者を入れたいと焦っている場合を除き、応じてくれない可能性が高いです。
そこまで文句があるなら、他の物件を借りてくれというのが、大家さんや不動産賃貸会社にとっての本音だからです。
そういった面を交渉材料に使いたい場合は、こことここはとても気に入って是非とも住みたいのだけれど、1つだけ気になるところがあるといったアプローチが賢明です。
借りる側として上から目線で行くのではなく、謙虚な姿勢で交渉したほうが相手から受け入れやすくなるためです。
というのも、不動産賃貸契約というのはその時だけで終わるものではなく、これから先、大家さんと賃借人という関係が長く続くことになります。
大家さんにとって関係を続けていきたくない人だと判断されれば、値引き交渉には応じてくれず、入居してくれなくてけっこうと判断されてしまうことがあるのです。
また、自分の側の事情をアピールするのも1つの方法です。
とても気に入ったけれど、ほんの少し、予算に合わないとアピールし、500円だけでも千円でも値引きをしてもらいましょう。