不動産はマンションを購入するべきか、一軒家を購入するべきかそれが問題だ

兼ねてから住居という不動産を論じる際に、一国一城のマイホームである一戸建てを購入するべきか、あるいはマンションを購入するべきかという問題があります。
この問題には一般的な正解は無いのかも知れませんが、様々な角度から分析する事で、どちらが当事者にとって、満足の行くものになるのかを推し量る事は出来るでしょう。
例えば、金銭面から考えて見ましょう。
ここでは、双方とも同じ間取りとして考えてみます。
一般的には現金を一括で、何百万・何千万というお金を支払うという事はせずに、住宅ローンを組んで一定期間の間に少しずつ返済していくという形を取ります。
ですから完済する迄に、長い年月を費やす事になります。
また、何れの場合も購入という事になっても、住宅ローン以外にも不動産をメンテナンスする費用が必要である事は見落としがちです。
マンションの場合は修繕費とか管理費等の名目で、一定額が掛かるというのはイメージし易いでしょうが、一戸建てであっても修繕費等は必要です。
何故なら長期間にわたり居住し、日常生活を営んでいるのですから、雨漏りや外壁の亀裂等が出て来るのは、致し方無いことだからに他なりません。
また、何れの場合でも固定資産税や都市計画税、また自動車を運転するのであれば駐車場代も必要になります。
双方を比較した時にマンション内で構成される管理組合が、マンションを管理する業者を選択出来ないのが普通です。
その為に、一般的にはメンテナンス費用は高めに設定される傾向があるので、ここで大きな金額差が生まれます。
しかし、人はパンのみにて生きるにあらずであり、マンションでも一戸建てでも、その土地の住みやすさ無しには、語れないと言っても過言では無いでしょう。
通勤のし易さ・治安、日当たり加減や風通しの良さ、住居近辺にスーパーマーケットが揃っていたり、子供が入れば学校が近い等も不動産を選択する際には、欠かせないポイントと言えます。
また、都心からやや離れた場所にあれば、繁華街へのアクセスもスムーズだと、楽しみも増えるでしょう。
では、最後に不動産を購入する年齢によって、ライフステージに合った決め方をする様になって来る模様です。
特に、乳幼児を抱えながら共働きをしている人にとっては、保育園に入りやすい土地を第一条件にして選ぶという人もいます。
あるいは、子供が巣立ってから定年退職後にゆっくり毎日を過ごせる、終の棲家を重要視し、一軒家で購入した自宅をリフォームしてバリアフリーにするという人もおり、人それぞれです。
まさしく、不動産選びは人生と深い繋がりがあるのだと、思わずには居られない今日此の頃です。