こうやって不動産の掘り出し物件を見つけよう

不動産は何も住宅だけではありません。
賃貸も重要な不動産の一種で、特に学生や若いときにお世話になる物件の一つではないのでしょうか。
しかしそういったときは、それほどお金がないもので、少しでも安くそれもいい境遇の環境の物を手に入れたいところですが、今回はそんな掘り出し物の物件を獲得のコツを伝授したいと思います。
不動産会社でも引っ越し会社でもそうですが、こうした業界が忙しいのは3~4月というのは言うまでもありません。
しかし少しでも早く新しい契約をしてほしいというのは当然の気持ちで、1~2月頃には退去の相談が業者さんに多く入る事になります。
ですから、確実に空室を埋めようとしてきますから、かなり色々なタイプの物件を発見しやすくなります。
しかも通常ならば
紹介されにくい優良物件も、早めに求めている人には紹介される確率が大きくなるのです。
就職の採用でも3年生から内定を出す青田買いという物がありますが、それに近いもので一種の、優良賃貸の青田買いです。
直接業者に回ってみるのもいいですし、ネットを活用するのも良いので、早めの行動が大切という事です。
とはいえ、単に飛び込み営業の様な事をしていても、中々結果が伴わないという事もあるでしょう。
ですから、何社かのお見えを回って、自分の条件を担当の方に伝えておくのも重要です。
前述で、ネットで探すのも有効と述べましたが、少々の人気物件ならともかく、相当人気がある物件はHP掲載前に契約が決まっているという事があり、仮に掲載されても残り1件だけという事態になってHP掲載した時では遅いという事がありますのでコツを以て行いましょう。
さて、いい物件を探すコツを紹介しましたが、次は家賃交渉を考えてみましょう。
先ほど掘り出し物の時期を述べましたが、この時期に家賃交渉は不可能でしょう。
それは、入居が期待できるからで、一番いい時期は9~11月になっています。
それは、一番忙しくない時期なので、うまく交渉を行えば安い値段で契約更新が可能になる可能性があります。
しかし条件を付けらえる場合もありますから、その条件が自分の生活に支障のないものかを考えて更新する事が重要となっています。
このように、掘り出し物を見つけたり好みの値段に交渉するコツは、時期を考慮する事が大切です。
勿論これは掘り出し物を見つける、コツの一つです。
他にもこういったコツはたくさんあると思うので、是非不動産の人やネットなどで確認して、あなたに合った最高の賃貸不動産を見つけてほしいと思います。